ニュース

駐韓米軍犯罪根絶運動本部の高維京さん第2回やより賞を受賞

2006/08/11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2回 女性人権活動奨励賞(やより賞)贈呈対象者 決定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第2回 女性人権活動奨励賞(やより賞)贈呈対象者が、厳正な審査の結果、決定いたしました。

 高 維京(コ ユギョン/Ko Yoogyung)さん 在韓国    

プロフィール:
NGO活動家。34歳。米軍非難の声を上げることに対し強いタブー視がある韓国社会において、米軍による犯罪被害者の人権擁護、特に米軍から性暴力を受けた被害女性の立場から、軍隊の暴力を白日の下にさらすべく精力的に活動を続けている。
NGO団体「駐韓米軍犯罪根絶運動本部」の事務局長として、「駐留米軍地位協定」の改正キャンペーンや、平澤(ピョンテク)の米軍基地拡張に反対するキャンペーンに取り組みつつ、あくまでも被害者サイドに立っての被害調査と支援に全力を挙げている。被害予防の視点での代替政策提言、米軍基地による環境破壊の調査も行い、国際的な連帯も構築している。(さらなるお問い合わせは、女性人権活動奨励事業事務局までお願い致します)

高維京さんには、女たちの戦争と平和人権基金より金50万円が贈られます。また、本年12月10日に開催の「松井やより賞贈呈式、記念シンポジウム」にご出席頂き、スピーチを頂く予定です。

やより賞選考委員会コーディネーター 中原道子(早稲田大学名誉教授)
やより賞担当人権基金理事 丹羽雅代(アジア女性資料センター)

資料館