ニュース

STOP!憲法24条改悪キャンペーン発足記者会見

2004/10/19

日時:10月29日(金)13:30-14:30
場所:衆議院第2議員会館第2会議室
出席:清水澄子(元参議院議員)、三木睦子(アジア婦人友好会会長)、吉武輝子(作家)、江原由美子(東京都立大学教授)、戒能民江(お茶の水大学教授)、他

報道各位

 自民党憲法改正プロジェクトチームや読売新聞から、婚姻・家族における両性の平等と個人の尊厳を定めた憲法24条の見なおし案が出ていることに危機感をもつ女性たちが、24条改悪阻止キャンペーンを立ち上げます。

 これら見なおし論の基調となっているのは、「個人の権利、尊厳よりも、家族・共同体・国家への奉仕が優先されるべき」という意識です。戦前の日本では、女
性は無権利状態におかれ、家長の所有物にすぎませんでした。婚姻・家族を「男女の本質的平等と個人の尊厳に立脚すべき」と定めた日本国憲法第24条は、人権と平等を実現するための不可欠の基盤です。

 私たちは、ほかならぬ政権党から、男女平等を正面から否定する改憲案が提出されたことに強い危機感をもっています。おりしも来年は、あらゆる領域で男女
平等を推し進めていくことを国際社会の基本原則として確認した1995年の北京女性会議から10年となります。現実の家族や国家のなかに存在している差別、抑圧、暴力を正当化し、力で押さえこもうとする試みを見過ごすことはできません。

 男女平等、女性の人権の確立へと確実に動いてきた国際社会の流れを無視する時代錯誤の改憲案を阻止するために、今後全国各地でさまざまな活動を展開していく予定です。

 なお、キャンペーン発足記念集会を下記の通り開催いたします。あわせてご取材ください。

■日時:11月5日(金)18:30 場所:東京ウィメンズプラザ(表参道)
■基調講演「24条改悪のねらいは?」植野妙実子
■コント:ザ・ニュースペーパー
■リレートーク:江原由美子、戒能民江、三木睦子、吉武輝子 他 多数

詳しいお問い合わせは下記まで

男女平等を憲法から消すな!STOP!憲法24条改悪キャンペーン
http://blog.livedoor.jp/savearticle24/
E-mail: savearticle24@yahoo.co.jp
FAX:03-3463-9752

資料館