ニュース

不妊治療団体、友人・姉妹提供卵子で体外受精へ

2008/03/02

 全国21の不妊治療施設が参加する「日本生殖補助医療標準化機関」が1日、姉妹や友人からの提供卵子による体外受精を容認する方針を再確認し、同機関の倫理委員会が承認済みの2件について実施を認めると発表した。
同機関の理事会は昨年6月に実施をいったん承認したが、生殖補助医療の在り方を検討している日本学術会議の結論が出るまで、実施を先送りしていた。しかし卵子提供に関する同会議の見解が出る可能性がなくなったため、1日の理事会で改めて検討したもの。

NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080301AT1G0101Z01032008.html
2008年3月2日 読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080302-OYT8T00190.htm

資料館