ニュース

日の丸・君が代強制裁判:都教委に賠償命令

2008/02/08

入学式や卒業式で、日の丸に対する起立や君が代斉唱を強制する校長命令に従わなかったことを理由に、嘱託職員の再雇用が拒否されたのは違法だとして、元都立高校の教職員13人が起こしていた裁判で、東京地裁は7日、都教委による裁量の逸脱・乱用を認め、計約2750万円の賠償を命じました。
判決では、都教委の通達および校長の職務命令について、違憲・違法性は認めませんでしたが、「再雇用拒否は社会的相当性を欠く」
との判断を行いました。

◆君が代訴訟で都に賠償命令 再雇用拒否は「裁量逸脱」
東京新聞 2008年2月7日 22時28分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008020701000876.html
◆「君が代で起立せず」不採用の元教諭勝訴 「裁量逸脱」
朝日新聞 2008年02月07日20時21分
http://www.asahi.com/national/update/0207/TKY200802070355.html

資料館