ニュース

パート労働者の不当解雇を訴えて14名逮捕 中央大学

2007/04/12

追記:4月13日に全員釈放されました。

 中央大学生協のパート労働者に対する不当解雇の問題を中央大学卒業式で訴えようとした労働組合員や支援者14名が、3月25日、八王子警察署に建造物侵入などの容疑で逮捕されました。
 
 生協のパート職員だったYさんは、パート労働者(その多くは女性)に有給休暇を与えない生協の差別的取扱いを労働基準監督署に訴えて有休をかちとりましたが、その後05年4月に「雇い止め」解雇となりました。Yさんの解雇撤回を求める組合に対して、生協側は「労使関係が存在しない」として団交を拒否していました。三多摩合同労組は、この大学卒業式における情宣行動は、あくまで団体交渉による争議解決を求めた正当な組合活動であり、大量逮捕は不当だとして即時釈放を求めています。

資料館