ニュース

帯広市、「慰安婦」被害者の作品展に市民ホール使用を拒否

2007/02/05

2月3日付の北海道新聞によると、帯広市は、市民グループが企画した旧日本軍「慰安婦」被害女性たちの絵画や写真の展覧会に対して、市民ホールの使用申請を却下した。展覧会は2日から同市内の藤丸百貨店で開催されることになったが、実行委は市の対応を批判している。
また、3月に予定している「『日本軍慰安婦』の証言を聞く会」の後援依頼についても、市教委は「『日本軍慰安婦』という文言は政府が使用している『いわゆる従軍慰安婦』とは異なる」などとして後援を見送ったという。

従軍慰安婦の作品展だめ 市民ホール使用却下「目的にそぐわず」 帯広市
2007/02/03 00:16 (北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070203&j=0031&k=200702033335

資料館