ニュース

都城市条例、「性的指向」を削除

2006/09/23

後退が懸念されていた宮崎県都城市の男女共同参画社会づくり条例ですが、22日の本会議では、修正案に賛成17、市長提案の条例賛成が22で可決されました。
「性別又は性的指向」という言葉は削除され、「すべての人」とされてしまいました。
もっとも先進的な条例の明らかな後退は、日本社会の根強い同性愛差別を示したといえます。この件で率先して取り組まれてこられた大阪府議、尾辻かな子さんの声明をお読みください。
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/

資料館