ニュース

タイ:人権活動家の夫が射殺される

2007/10/18

Asian Human Rights Commission (AHRC) によれば、紛争の続いているタイ南部の町で10日、人権活動家として知られるYaena Solaemaeさんの夫で、8人の子の父親であるMa-usoh Malongさんが、ピックアップトラックに乗って近づいてきた男にマシンガンで銃撃され死亡しました。
Yaena Solaemaeさんは、2004年10月、タイ政府の「対テロ」活動に抗議して集まった主にムスリムの民衆に対し、警察と軍が発砲して7人を射殺、数千人を逮捕した上、拘禁者78人が死亡したTak Bai事件の犠牲者と家族を支援するために活動してきました。
Ma-usohさん自身は、危害を受けるような活動に参加したことはないため、彼の殺害は、妻であるYaenaさんその他、南部で人権活動に携わる人々に対する警告であると受け止められています。これ以上の人権侵害が起こるのを防ぐために、緊急の介入が必要とされています。

AHRCのサイトから、関係者へレターを送ることができます。
http://www.ahrchk.net/ua/support.php?ua=ua-297-2007

★アジア女性資料センターが用意した申し入れ書への賛同受付は締め切りました。ご協力ありがとうございました。

資料館