ニュース

スービック・レイプ裁判が被害者の意思に反して結審

2006/10/10

フィリピン・スービックで起きたアメリカ海兵隊員によるレイプ事件の続報です。
被害女性「ニコル」さんに対して、検事長がバッシングを行うという異例な事態の中で行われていた裁判は、10月5日、国選検事団長が被告側に対する最後の反対尋問を放棄したために結審となりました。この決定は、ニコルさん本人の意思に反して行われ、また、他の検事との相談もなく行われたために、ニコルさんと支援者は抗議の声明を発表しました。
判決は11月27日に出る予定ですが、公正な判決が危ぶまれます。日本の支援連絡会は、公正な裁判を求める国際アクションを計画しています。
詳しくはブログをご覧ください。http://subic.blog76.fc2.com/

資料館