ニュース

ビルマ女性連盟より

2006/05/23

軍事政権によるカレンの人々に対する攻撃を止めるために国際社会の行動を要請
する、ビルマ女性連盟からの手紙が届きました。原文は末尾にあります。

—————————————–

国連安全保障理事会に、カレン州市民に対して現在行なわれている攻撃を阻止する行動を要求する
2006.5.8

ビルマ女性同盟は、ビルマ軍事政権がカレン州市民に対し、現在行なっている攻撃に震撼している。軍事政権が武力行使において、このように計画的に、かつ、直接的に市民を標的にすることは、明らかに国際人道法に違反しており、ビルマにおける紛争が鎮められていないということを明らかにしている。

ビルマ女性同盟(WLB)は、そのメンバー組織であるカレン女性組織が、国連安全保障理事会に、この非難されるべき暴力を阻止するための緊急行動を要求することを、支持する。

2005 年11月以降から現在まで続く、北部と西部カレン州におけるビルマ軍事政権による強制移住作戦は、1997年以降の軍事攻撃の中でも最大のものである。軍事政権の兵士が市民を軍事支配地域に移転させる試みによって、現在までのところ、約1万3000人のカレン族がニャウンレビン郡、タウングー郡、 Muthraw群(Nyaunglebin, Toungoo and Muthraw districts)において強制的に退去させられている。また、裁判を経ない処刑や、強制運搬労働、家、田畑、食糧庫の破壊も報告されている。

政府軍の兵士が国境沿いに配備した新たな地雷により、退去させられた人々は人道支援を求め、もしくは受けることが妨げられている。これはカレン市民にむけた、殺戮と排除の新たな動きの始まりであり、女性や子供に特別の負担を負わせている。

国連世界サミットや、国連安全保障理事会による最近の決議は、現在、政府保護のない中で、人道に反するジェノサイドや戦争犯罪、民族浄化、犯罪から市民を保護するため、すべての国連のメンバーが集団的責任を負うことを確認した。

ビルマ女性同盟(WLB)は、東ビルマで進行中の人権危機に関して、国連安全保障理事会が緊急かつ、適切な行動を取るよう強く要求する。ビルマ女性同盟(WBL)は国連安全保障理事会が2006年4月28日の安保理決議1674「紛争下の文民保護」と、2000年10月31日の安保理決議1325「女性、平和、安全」にのっとって行動を取るよう主張する。

カレン州市民に対する現在の攻撃は、これらの国連安全保障理事会の2つの決議が、まさに適用されなければならない事件である。そして、国連安全保障理事会がただちに行動をおこし、ビルマを国連安全保障理事会の議題にのせるべきである。ビルマ女性同盟(WLB)はまた、国際女性委員会に連帯して行動し、適切な行動を取るように国連安全保障理事会に働きかけることを主張する。

================
Calling the United Nations Security Council to Act to Stop the Current Attacks on Civilians in
Karen State

8 May 2006

The Women’s League of Burma is appalled and sickened by the current Burmese military regime’s
offensive against civilians in Karen State. This deliberate and direct targeting of civilians in armed
conflict by the military regime clearly violates international humanitarian law and demonstrates that
conflict in Burma is not appeasing.

The WLB supports its member organization, the Karen Women’s Organization’s call for urgent action
by the United Nations Security Council to stop this reprehensible violence.

The Burmese military regime’s forced relocation campaign on-going in northern and western Karen
State since November 2005 is the largest military offensive since 1997. To date, around 13 000 Karen
have been forcibly displaced in Nyaunglebin, Toungoo and Muthraw districts as military regime soldiers
attempt to forcibly relocate people to military controlled zones. Extrajudicial killings, forced portering,
destructions of homes, fields, and food stocks are also reported.

New landmines laid by the regime soldiers along the border are preventing displaced people from
seeking or receiving humanitarian assistance. This begins a new round of death and displacement for
Karen civilians, with particular burdens on women and children.

Recent decisions at the UN World Summit and by the UNSC now affirm a collective responsibility of all
UN members to protect civilian populations from genocide, war crimes, ethnic cleansing and crimes
against humanity in the absence of government protection.

The WLB strongly urges the United Nations Security Council to take urgent and appropriate action
regarding the human rights crisis underway in eastern Burma. It urges the UNSC to take action in
accordance with its 28 April 2006 resolution 1674, “On protection of Civilians in Armed Conflict” and
its 31 October 2000 resolution 1325, “On Women, Peace and Security.”

The current attack on civilians in Karen State is precisely an occurrence for which these two UNSC
resolutions were adopted and should trigger immediate UNSC action and place Burma on the UNSC
agenda. The WLB also urges the international women’s community to act in solidarity and pressure the
UNSC to take relevant action.
[End]

資料館