ニュース

国連:紛争下性暴力に関する安保理事会決議1820号が成立

2008/06/25

国連安全保障理事
会は、6月19日、武力紛争下の性暴力防止に関する決議1820号を全会一致で可決
しました。
決議は、武力紛争下におけるレイプその他の性暴力が、戦争犯罪、人道に反する
罪、あるいはジェノサイドを構成する行いのひとつとなりうると述べ、紛争指導
者に民間人を保護するよう求めました。さらに、制度的性暴力を利用する戦争指
導者や体制に対する制裁措置をとることについても述べています。

この決議内容に関しては、女性団体の間でもさまざまな見方があると思いますが、
2000年の1325号決議に続き、紛争・安全保障と女性に関して、大きな影響力をも
つ政治的ツールがまたひとつ誕生したことは事実と言えるでしょう。
女性グループからのもっとも早い反応のひとつとして、ビルマ女性連盟は、軍事
政権指導者を戦争犯罪人として認定するようキャンペーンを始めるという声明を
出しました。

UN Security Council Adopts Resolution 1820 to End Sexual Violence in Conflict
http://www.un.org/News/Press/docs//2008/sc9364.doc.htm

資料館