ニュース

賛同のお願い : 緊急!「つくる会」高橋史朗氏の埼玉県教育委員任命撤回を!

2004/12/14

賛同のお願い

埼玉県だけの問題ではありません。全国から支援を集めましょう
———————————————

ご存じの方も多いかと存じますが、上田清司・埼玉県知事は、12月20日の県議会に高橋史朗氏を県教育委員に任命することを提案する予定であると報じられております。
 高橋史朗氏は、「新しい歴史教科書をつくる会」前副会長(この案件のために退いたもよう)であり、検索サーバーで検索すると判りますが、“人間と性”教育研究協議会の性教育やジェンダー・フリー教育を目の敵にしている「統一協会」・「勝共連合」・「思想新聞」・「正論」等の中心的なイデオローグです。
 我々は、埼玉県の教育が、東京都における蛮行を全国化していく突破口にされることを、心から憂慮しており、県内の様々な団体・個人が、これを何とか阻止しようと、様々な取り組みを展開しております。

〔お願い〕
 ①下記の「呼びかけ」へのご賛同を、是非、お願い申し上げます。
 ②本メールを、多数の方に、お広げ戴ければ幸いです。

===============================
埼玉大学 林 量俶

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 全国の皆さまへ

 既にニュース報道等でご承知の方も多いかと存じますが、去る12月6日、上田清司埼玉県知事が、次期県教育委員として「新しい歴史教科書をつくる会」元副会長の高橋史朗氏を起用する意向を明らかにしました。
知事は、この人事案件を今月20日の県議会に提案し同意を取り付ける意向だと報道されています。
(詳細は「上田埼玉県知事による高橋史朗氏の教育委員任命を阻
止するネットワーク(阻止ネット)」のホームページ
http://www.geocities.jp/saitamakyoiku/ をご覧下さい。)

 私たちは、地元埼玉で教育・研究に携わる人間として今回の提案に深く憤りを覚えるとともに、万が一高橋氏が教育委員に就任した場合の県教育行政への影響を心から憂慮するものです。
 そこで私たちは、全国の皆さまに以下のアピール文をお送りし、それに賛同して下さる方々を広く求めることにいたしました。
ご賛同いただきましたご回答につきましては、氏名公開可・同不可を区分したうえで、
*上田知事、県議会各議員、に渡す
*新聞社等への記者会見で氏名等を公表する
*「任命阻止ネット」のHPで氏名等を公開する(検討中)

のような形で利用させていただきたいと存じます。

お願いしたいことは、次の2点です。

* このアピールへのご賛同をお願いします。下記のフォームにて
ninmeisoshi@spa.nifty.com にお送りください。
* このお願いを皆さまのお仲間に広くご転送ください。

 なお、上記のように期限が間近に迫っておりますので、第一次集約日を12月16日(木)午前0時とさせていただきます。
その後もご賛同はお受けしたいと存じますが、整理や要請行動等の関係でどこまで集約可能か不明です。
 以上、大変お手数ですが、どうぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
                    2004年12月12日

「高橋史朗氏を埼玉県教育委員に起用する人事提案に反対し、撤回を求めます」賛同者を募る会事務局
                三輪隆(埼玉大学教育学部)
                林量俶(埼玉大学教育学部)
                安藤聡彦(埼玉大学教育学部)

 連絡先;ninmeisoshi@spa.nifty.com
————————————————

高橋史朗氏を埼玉県教育委員に起用する人事提案に反対し、撤回を求めます

 私たちは、今回の知事による高橋史朗氏を埼玉県教育委員に起用する人事提案に対し、以下の2つの理由から反対し、その撤回を求めます。

1)県の教育委員は教科書採択にかかわって大きな権限を有しています。市町村立義務教育諸学校(公立小中学校)については「指導、助言又は援助」をする立場にあり、とくに都道府県立盲聾養護学校・中高一貫の「中等教育学校」については、教育委員自身が採択の決定をすることになります。
高橋氏は、『市販本・新しい歴史教科書』(扶桑社)の監修者の一人であり、その作成を中心的に担ってきた人物です。
そうした人物が教育委員になって教科書採択やその指導等にかかわることは、「教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負って行われるべきものである」とした教育基本法第10条や、
「教育委員会の委員は、自己の従事する業務に直接の利害関係のある事件については、その議事に参与することができない」とした「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の第13条に抵触するものです。

2)高橋氏は、これまで性教育や人権教育等の国際的に意義が認められている教育上の取り組みに対し、しばしば常軌を逸した痛罵を浴びせてきました。
また、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーとして、教科書問題にかかわってきわめてナショナリスティックで排外主義的な視点から中国・韓国をはじめとするアジア諸国を批判し続けてきました。
こうした非民主主義的で偏狭な氏の資質は、埼玉県の教育委員としてふさわしいものと言えません。

呼びかけ人(五十音順)

安藤聡彦(埼玉大学助教授)、市橋秀夫(埼玉大学助教授)、大田堯(東京大学名誉教授)、太田政男(大東文化大学教授)、佐藤一子(東京大学大学院教授)、庄司康生(埼玉大学助教授)、高橋哲哉(東京大学大学院教授)、中山福二(埼玉弁護士会弁護士)、林量俶(埼玉大学教授)、藤田昌士(元立教大学教授)、本城昇(埼玉大学教授)、牧柾名(元東京大学教授)、三輪隆(埼玉大学教授)

<<以下を切り取って、ninmeisoshi@spa.nifty.com までお送りください>>

———————–切り取り線—————————

「高橋史朗氏を埼玉県教育委員に起用する人事提案に反対し、撤回を求めます」に賛同します

*ご氏名:         
(ふりがな;               )

*ご所属など:

*ご氏名・ご所属の公開について(どちらかに○をおつけください)

 ・公開可  ( )
 ・公開不可 ( )
—————切り取り送信  ここまで————————
 #ご協力まことにありがとうございました 

資料館