理事スタッフ紹介

理事

motoyama.ajwrc代表理事 本山 央子

大学生のとき、松井やよりさんの講演会をきっかけに、かっこいい年長のフェミニストたちと出会い、アジア女性資料センターの前身団体である「アジアの女たちの会」に参加。以後、約30年にわたって、アジア女性資料センターを主な基盤に、幅広い領域でフェミニスト運動に参加してきた。特に関心をもっている領域として、開発、国際経済、安全保障、植民地主義とジェンダー。


副代表理事 清水 さつき

女性の人権に対する関心から、「性暴力」を中心に、敗戦直後、日本を占領した米軍のための「慰安所」と性暴力の研究を行う。
その後、DV、沖縄など基地での女性に対する暴力、性虐待などへと関心を広げた。
2003年に韓国の基地村で働く女性たちのサポート団体を訪問してつながった新しい人間関係から、女性・暴力・周縁・戦争・マイノリティなどのテーマを深めつつある。センター会員歴は15年以上。
ふぇみん婦人民主新聞編集部所属。


%e8%88%b9%e6%a9%8b%e9%82%a6%e5%ad%90船橋 邦子

女性差別撤廃に向けた運動に40年以上かかわり、1995年第4回北京世界女性会議に向け松井やよりさんとともにNGOの声をまとめる活動を担う。佐賀県立女性センター初代館長。大阪女子大学女性学研究センター、和光大学に勤務後、現在は北京JAC、男女共同参画と災害復興ネットワーク、地域で女性や子どもの支援の活動にかかわる。


nagayama永山 聡子

アジア女性資料センターで活動させていただくきっかけは、大学院の友人に誘われたことです。彼女が楽しそうに活動している姿を見て「私もやりたい!」と思い、ユースグループに参加しました。ファッションショー、ジェンダーカフェ、ジェンダーワークショップ教材作りなど、同世代とワイワイ・ガヤガヤしながら活動しました。2015年からより広い立場で活動したいと思い、運営委員になりました。普段は都内の大学院で社会学を専攻しています。在日朝鮮人3世として、ジェンダー視点を持って、人種差別問題、日本の植民地支配責任、特に日本軍性奴隷制(「慰安婦」問題)の解決と実態を調べ、活動をしています。主な著作:(共著)「東アジアの「生殖」を多角的に考える」『国際ジェンダー学会誌』国際ジェンダー学会、第12号(2014)、「国立市における日本軍「慰安婦」制度の展示実践」『月刊社会教育』NO.717(2015).

 運営委員


準備中

事務局スタッフ

【AJWRC information】スタッフ_森さん 森小百合

10代までは婚姻制度や「女性らしく」あることになんの疑問も持たない人間でしたが、大学でフェミニズムに出会い、性差別や戸籍制度について考えるようになりました。日常生活のなかで感じるささいな違和感や怒りや痛みを見て見ぬふりせず、おかしいことをおかしいと言える人でありたいと思い、友人や仲間と学ぶ機会を作ったりデモに参加したり小さな活動を積み重ねています。これまでは主に学校法人の事務職員や、公益財団法人日本YMCA同盟では大学生グループ(学生YMCA)のコーディネーターなどを務めてきました。運動を下支えする事務局の一員として、センターにつながるみなさんと出会えることを楽しみにしています。

センターの紹介